カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

薄毛・抜け毛の原因(男性)

アトピー、鼻炎、ぜんそく等々の遺伝的要因とも関わりがあります。さまざまな環境により発症率が高くなります。

一概に遺伝があるから、ハゲるといった単純なことではなく多くの原因が重なる環境によって、高い確率で薄くなる遺伝のスイッチがオンに入ってしまうと最近では考えられています。そのため発症しない環境づくりを心がけることが大切です。生活を整え予防することをお薦めします。

シャンプー・リンス・トリートメントの主成分の界面活性剤が、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があります。弱っている頭皮、毛穴へ界面活性剤がどんどん侵入してくることで、一層細胞は、おとろえ薄毛が促進してしまいます。

◆関連ページ

薄毛の頭皮は、衰えたり異常がありますので弱った頭皮の洗い方があります。また、過剰に洗いすぎることが脂性になる原因の一つです。洗い過ぎることにより、必要のない過剰な皮脂が分泌を繰り返す結果、皮脂腺が肥大し、どんどん皮脂の分泌量が増えていきます。増えすぎた皮脂が頭皮自体を弱らせてしまいます。正しい洗い方については、育毛レスキューのケアを開始されたお客様に詳しくご説明いたします。

イライラした感情を抑えることは、気や血が頭に滞ります。すると頭皮の毛細血管に古い血が溜まりやすくなり酸素を運ぶ機能が低下します。さらに血管が収縮され、血中の脂肪分の影響で血液の流れがにぶります。これでは、頭皮の細胞に栄養が行き渡りません。

欧米化された食生活が一般化された現代。昔と違い、肉類・油物・味の濃い食べ物が多くなっています。こうした食べ物の影響により血中コレステロールが問題となっています。血中コレステロールの影響で血が粘って末端の頭皮まで血が流れにくくなっています。

その他にも様々な要因はあります。少なくとも6つ以上の原因が複雑に絡み合うことで、薄毛が発症します。まずは、わかる原因から消去していくことが大切です。