カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

抜け毛チェック

薄毛は目に見える状態なら、既に内部では相当、進行しています。
目に見えないところの薄毛信号をキャッチして、その信号の意味を知ることで適切な育毛法を組み立てられますし、その時点から育毛を本格的に実行すれば改善は可能です。その第一歩が抜け毛を注意して調べることです。

■毛根に白いものが付着

■毛と毛根ともに細い

■ストレスによる抜け毛

■広汎性脱毛症の毛根
(しっぽが生えているような毛)

■円形脱毛症の毛根
(途中が何カ所も細い毛)

■短小毛
(毛先が尖って細く短い毛)

このように抜け毛といってもいろいろな種類があります。それぞれケア方法も異なります。例えば、広汎性脱毛症の毛の場合、何らかの原因があり途中で抜けた毛なので、まずその原因を突止めてから改善する必要がありますし、短小毛が目立つようなら、急速に薄毛が進行している証拠です。早急に本格的な育毛に取り組む必要があります。

抜け毛のチェックには、抜け毛の種類の他に、抜け毛の本数や太さ、そして多く抜けるようになった時期を調べることも重要です。

抜け毛の平均はその人の頭皮により違います。30本で危険な方もいれば、70本抜けてもそれほど心配のない人もいます。

毛の太さにバラツキが多いほど毛が弱ってきており、平均より細い毛が多く混じっているほど頭皮が弱っていると判断した方がいいです。次に生えてくる毛はそれより細くなるので、ボリュームが無くなり薄くなったと感じます。毛の太さにはバラツキがあり、細い毛の割合が多ければ「早く育毛して欲しい」という信号がでていると考えて下さい。

今は20本くらいしか抜けないが、2年前は70本ほど抜けていた」というケースの多くは、2通りのことが考えられます。

【1】良くなってきているため抜け毛が少なくなった。
【2】慢性化して抜け毛が少なくなった。


多くは【2】に該当します。これは、育毛サロンなどで皮脂を除去するといった過剰なケアをしている人によく当てはまります。

抜け毛が少ないのに薄くなる人がいれば、多くても薄くならない人もいます。この違いは頭皮の老化度にあります。

抜け毛が多くても、抜けただけまた生えてくればいいわけで、頭皮を活性化させて、前の世代より太く寿命の長い毛が生えてくる環境づくりをすればよいのです。つまり、植物の生態と全く同じことなのです。

毛を植物に、頭皮を畑にたとえるとよく理解できると思います。毛は頭皮から生えてくるので、畑(頭皮)が硬いと栄養は吸収されないし、植物(毛)がのびのびと育つ環境であるとはいえないです。

ここで注意すべきは、育毛剤の使用です。

育毛剤は、頭皮を改善する作用が微少なため、初期の段階の育毛にはいいのですが、頭皮の老化度が進んだ薄毛では、育毛剤だけでは力不足です。

毛が抜けただけ生えてくるような頭皮環境に回復させるには、まずは本格的な頭皮けあから取り組んで頂いています・頭皮が元気に回復してから、進行状態や体質、部位別に本格育毛に取り組んで頂くことで改善率は上がります。

「抜け毛が少なくなった」と喜んではいけません。実際には、頭皮は弱っており、抜け毛は進行している可能性が多いからです。