カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

毛根チェック

自然脱毛の毛根
毛の寿命は男性で3〜4年、女性で4〜6年ですが、寿命を終えて抜けた毛の毛根はマッチ棒のような形状をしています。

しかし、この毛がほとんどだからといって安心してはいけません。毛が老化してくると4年の寿命が3年→2年と短くなり、寿命が短くなった毛も同じ形状で自然脱毛として抜けます。この場合、抜け毛だけでなく、頭皮の老化度とあわせて調べる必要があります。

広汎性脱毛の毛根
毛根にしっぽのついたような形状の抜け毛は、何かの原因で途中事故死した毛根で、寿命をまっとうできなかった毛です。原因はいろいろですが、
毛穴の内部や身体の内部に問題があると考えるべきです。

よく皮脂が原因といわれてシャンプーや頭皮クレンジングで皮脂を取る手当をしている人がいますが、これは間違いです。皮脂が原因で抜けるなら、あまり洗髪しない民族は薄毛が多いはずです。抜け毛の中でこの毛がどれくらい抜けているかが問題になります。

短小毛
毛先が尖って短く細く弱々しい毛で、これは
若死にしてしまった毛と言えます。毛は1ヶ月に約1cmほど伸びますので、5cmの短小毛なら平均4年は生えているのに、実際にはたったの5ヶ月くらいで死んでしまった毛なのです。このような短小毛が多いほど髪の本数は激減してきます。

毛には境界線があり、うぶ毛状態(軟毛)になると、もう太く長い毛(硬毛)に回復できる確立が低くなります。それまでに手当が必要です。まずこの短小毛がどれくらいあるか調べてみて下さい。