カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

薄毛進行度チェック

育毛をはじめる時、自分の症状と状態を把握しておかないと効果的なケア法は組み立てられません。症状や進行の状態によりケアは少しずつ違ってくるので、まず「薄くなる型」と「進行度」をチェックしておきましょう。

O型の進行

頭頂部から薄毛が進行し、額はそれほど進行しない。

M型の進行

額から進行していき、頭頂部はそれほど進行しない。

MO型の進行

額の後退と、頭頂部の薄毛の両方が同時進行。

薄毛進行度 1
薄毛進行度1
鏡で前から見ると毛は多く見えるが、よく見ると次のような「薄毛信号」がすでに出ているはず。
・シャンプー時に抜け毛が目立つ。
・枕やシーツに、整髪に抜ける。
・毛がすぐぺたっと寝るようになる。
・ボリュームがなくなった、直毛が癖毛になる。
・変なウェーブがでる、毛が細くなる。

特に男性の方は、両親の兄弟や近い親族に薄毛の人がいるなら、自分も薄くなる可能性が高いです。

薄毛進行度 2
薄毛進行度2

額の生え際がすこしM字型に後退しかけ、頭頂部の毛が細くなり、蛍光灯などの光の加減で健康な髪とは色が微妙に違って見える。
鋭い人は気になり出して育毛に関心を持つようになりますが、まだ楽観的で本格的に育毛に取り組まない人が多く、せいぜい育毛剤を使う程度です。

薄毛進行度 3
薄毛進行度3

生え際はさらに後退しはっきりM字型になる。
頭頂部の細毛の部位が広がり、中心はもう一つさらに薄い部位ができてシャンプー後には地肌が透けて見えます。
男性型脱毛は、いったん進行し出すとなかなか止められないので、あせって育毛に取り組んでもほとんど人が途中で挫折してしまいます。
ゆっくり進行してきた症状が、急速によくなるはずがありません。
決してあせらず、進行してきた同じ時間をかけてケアしていくことが必要です。
かつらを考える人もいますが、あきらめるのはまだ早いです。

薄毛進行度 4

薄毛進行度4

額の生え際が出島のようになり、頭頂部の薄い部位とつながりそうになってきている。
なんとか隠そうとハードな整髪料で固めたりしますが、
整髪料は薄毛の大敵!かえって薄毛を促進することになります。
ほとんどの人が手遅れと考えており、あきらめきれず隠れていろいろな育毛剤を使っている人が多いようです。
しかし手当をすれば100%元の状態には戻りませんが、回復させることはできます。

薄毛進行度 5
薄毛進行度5

額の生え際と頭頂部がつながった。
ほとんどの人があきらめてしまいますが、かつらはイヤだと育毛に取り組む方もたくさんおられます。時間はかかりますが周りの人が驚くぐらい回復することも可能ですので、あきらめないで下さい。
最近は40才〜70才の方たちが、熱心に育毛をするようになり、じっくり腰を据えて取り組むためにいい結果を出している方もいます。
中には
かつらをつけながら育毛して、かつらを外すまで回復させた方もいるくらいなので、とにかくあきらめないことです。